一般社団法人「いのちを織る会」(非営利団体)とは

  事故、事件、災害、病気、自死等によるいのちに関わる体験を共有しあうことで、

  誰もが誰かのいのちを包む社会づくりに貢献していきす。



紙芝居スタートしました。

詳しいことは活動報告にて

幼稚園・保育園で行っています。

お問い合わせください。お待ちしております。



母の紙芝居、

 

命の大切さ伝える 前橋の鈴蘭幼稚園 園児50人前に講演

 一九八五年八月の日航ジャンボ機墜落事故で、小学三年生だった次男の健君=当時(9つ)=を亡くした美谷島邦子さん(72)が七日、前橋市元総社町の群馬医療福祉大学付属鈴蘭幼稚園で講演を開いた。美谷島さんが事故から三年後に作った絵本を基にした紙芝居「いつまでもいっしょだよ」を使って、園児約五十人に命の大切さを訴えた。

 紙芝居では墜落事故により五百二十人の尊い命が一瞬にして亡くなった事故の悲惨さにも触れながら、健君の話を読み聞かせた。最後に「健ちゃんの一番の願いは、事故のことを忘れないでほしいこと、自分や友達の命を大切にしてほしいこと」と呼び掛けた。

 その後、美谷島さんと園児らは、願いを込めて折った色とりどりの紙飛行機を講堂で飛ばした。

 同園の田中輝幸園長は「園児には自分のことだけでなく他者の気持ちも想像できるようになってほしい。授業を受けて、社会のことを知る一つの材料にもなれば」と話した。

 美谷島さんは「親世代でも事故を知らない人が増えてきた。子どもを通して両親など多くの人に伝えていきたい」と語った。(市川勘太郎)

 

www.tokyo-np.co.jp › 群馬  記事一覧 › 2月の記事一覧

東京新聞2019年2月8日


     2018.7.14 日本航空安全啓発センター見学の様子

 

日航機墜落事故 

同級生たちと初めて尾根へ    ニュースウォッチ9 群馬2017年8月11日

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00891.html

 

別れた友と31年ぶりの再会はこちらから         ニュースウォッチ9 群馬2016年8月11日

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00890.html


日航機墜落32年命の重さ伝える運動靴
                                                                                                                                    2017
81412:16
                                                                                                                                      日テレニュース24

下記をクリックしてご覧ください
http://www.news24.jp/articles/2017/08/14/07369785.html